研究会の趣旨

 この研究会では、戦後に京都大学人文科学研究所(通称、人文研)を中心に活動していた知識人、つまり、新京都学派による「言葉」の研究に焦点を当てます。

 とはいえ、「新京都学派」という呼び名はごくジャーナリスティックなもので、確たる範囲があるわけではありません。そこで、本研究会では、「新京都学派」というまとまりを、戦後日本において、京都を中心に活躍した相互に影響下にある知識人のネットワークと大づかみに捉えた上で、「言葉」および「教育」に力点を置いた人たちに話題を絞ることにしました。

 

 戦後日本では、民主主義社会を構築することが急務とされていました。その「焦り」は、丸山眞男の『日本の思想』などを読めば実感してもらえることと思います。

 民主主義社会では、人びとが、自分の思想を的確な言葉で表現するとともに、他者の言葉、社会に流通する様々な言葉を読み解く力が前提とされています。お互いの意志を適切に伝えることが、市民としての能力の根幹にあるとみなされているのです。

 平たく言えば、「ちゃんと言葉にする(言う/書く)」「ちゃんと言葉を受け取る(読む/聞く)」ことが問題にされていたわけです。

 私たちが注目する思想家たちは、共通して、「言葉」にアクセントを置いて民主主義を捉えました。当然ながら、彼らの議論の内実・方法などは、分野・世代・所属によって異なっています。だからこそ、こうして研究会を立ち上げ、このトピックを共同で探求することにしました。

 

 本研究会は、こうした知識人のネットワーク(=新京都学派)に注目しながら、各個人の「言葉の教育」を通じて、民主主義社会をどのように達成しようとしたのかを明らかにしたいと考えています。こうした作業によって、彼らが、どのような民主主義社会を達成しようとしたのかを知ることは、困難な時代を生きる私たちに何らかの指針を与えてくれるかもしれません。

 

 この研究会は「公開」で行います。オブザーバー歓迎です。

 広い意味で、教育に関係している方、民主主義や言語教育などのテーマに関心のある方などの参観を歓迎しています。また、じっくり「言葉」を交わしたいという考えから、研究会の時間配分は、かなり余裕をもって設定してあります。

 

共同主宰 高田正哉・谷川嘉浩 2018年4月3日

 

 

次回の研究会

第二回 新京都学派の「言葉と教育」研究会

 

開催日:2018年6~8月?

 

場所:京都大学吉田泉殿

(未定)

 

参加申し込み:未定

 

タイムテーブル:未定

 

 

発表概要:未定

「」()

Keywords:

 

 

発表者:未定